2015年5月10日日曜日

キョンシーのお札プラ版を作ってみる

どうも、yambabomです。

ゴールデンウィークからほとんどプラ板しか作っていません。




先日twitterにあげたキリスト看板のプラ板↑がそこそこふぁぼられたりして気分が良いので、今自分がやっているプラ板制作手順を紹介してみたいと思います。


1.準備


いつもipadの画像検索からネタを探しているのですが、今回はキョンシーのお札をプラ板にしてみましょう。


「キョンシー お札」で検索


これが良さそうです。画像を保存。


PS Expressというアプリ(無料)を使って


画像を左右反転。
この時、色調補正で見えやすくしたり、いらない部分をトリミングしてもいいです。


2.線描き



今回は100均の0.2mmプラ板を使います。0.3mmもありますがそちらでやると厚くて頑丈なのができます。
質は決して良くないですが遊びなのでOKでしょう。


タブレット持ってる人にオススメですが、プラ板を直接画面に貼って写すと超楽です。
下絵を印刷する手間が省けるので格段にスピードが上がります。


こんな感じです。貼る時はマスキングテープを使っています。
文字が赤なので赤の油性マーカーでいきましょう。


ipad直接だと液晶まで少し距離があるので見づらいですが、そこは気合いで頑張りましょう。
目が疲れます。


もしも大幅にミスったら除光液で拭けばすぐに落ちます。100均です。


微妙なところは後で直せるので結構大雑把にやってます。


線画できました。


ipadからはがす前に画像の切れ目をマーキングしておきます。


カッターマットに移動。


マーキングしたところで切り落としていきます。


できました。この時点で結構カッコいいです。


穴あけパンチでキーホルダーにする用の穴を開けておきます。


3.焼き


焼く前に軽くティッシュで汚れを拭いておきます。
あまりゴシゴシやると線画消えるので注意です。


厚めで表面が平らな本などを、あとクッキングペーパーを用意しておきます。
箸は焼いたプラ板をつまむ用です。


くしゃくしゃにしたアルミホイルの上にプラ板をセッティングします。
線画を描いたほうが上になるように。


余熱はしないで一気に焼きます。1000wでやってます。


すぐ縮み始めます。


小さくなりました。


縮むのが止まってからモタモタしてるとプラ板に気泡が入るので、ここはちょっと忙しいです。


つまんで…


あちぃ!直接触らないほうがいいです。


乗せたらすぐクッキングペーパーをかぶせて


上から別の本で抑えます。ハードカバーの本が良いです。
でも体重はかけ過ぎずに、プラ板をまっすぐにするだけなので。


開きます。


…ん?


はい歪んだ~!
今回は思いっきり長方形なのでこういうことになりました。まぁよくあります。

正方形から離れるほどよく歪みます。
逆にお札っぽさが増してて良いということにしましょう。


4.着色



気にせずに着色しましょう。裏面から塗ります。
アクリルガッシュを使います。水彩絵の具やポスターカラーは水で溶けるので厳しいです。


まずは一度塗り。
塗る面を間違えないように気をつけましょう。


一度塗り完了。乾かします。


二度塗り。


三度塗り。もういいでしょう。


表も良い感じ。


5.仕上げ



側面が汚いのでヤスリかけときましょう。


粉がでます。紙の上とかでやりましょう。


綺麗になりました。


裏の絵の具は剥がれやすいのでコーティングします。
左がパジコのウルトラバーニッシュスーパーグロス。プラ板コーティングでは定番みたいです。

最初はネイルのトップコート(右の二つ)を使ってましたが、線画が溶けたり絵の具が溶けたり面倒なのでウルトラバーニッシュ買っちゃいました。Amazonで1000円ちょっと。


塗っていきます。


いきなりこんもり乗せるとひび割れたりするんで、これも最初は薄く塗った方がいいと思います。


できました。あとは乾燥させるだけ。


6.完成


完成です!

ジョイフル本田で買ってきたキーホルダーになるやつをくっつけました。中国なので金色。

ちゃんとヤスリで整えたので、歪んだのもそれなりに味になっている気がします。


背景が高中正義ですけど、良い感じですね。
ちゃんと形になって良かった!



と、いうわけでこの作業でだいたい2時間くらいです。

最後のコーティングは完全に乾くのに3日くらいかかりますが、まぁほっとけば乾くので大丈夫です。

ニスまで買っちゃってプラ板ガチ勢になりかけているような気もしますが、まぁガチ勢の皆さんはたぶんもっと凄いので!

この記事がプラ板ちょっとやってみようかな、着色までやってみたいなという人の手助けになれば幸いです。


0 件のコメント:

コメントを投稿